不思議なほどおいしいんです・・・   2007年7月5日記

今更こんなの何で・・・といわれそうですが、不思議なおいしさがあって、困ったときの我が家の常備食(自家用専門ですけど)になってます。
”さば水煮缶”というのは、昔の山歩きでは常食にしてた代物で、安くて・安くてこれさえあればご飯が食べられるという愛用品でした。その後40年以上忘れてましたが、つい先日新商品として出たようで、ご覧のようななんともあまり品のないデザイン・・おいしさが感じにくい百円ちょっとの缶詰・・・
ところがどっこい食べたら何ともびっくりなほどおいしかった。
うちの奥さん曰く、生まれて60年余・・・さば缶がこんなおいしいものとは知らなかった・・・とのたまうほど(昭和30年代私ら貧乏高校生が山での常食はサバ缶だったときにOLさんは鮭缶専門だったとか)。
まあそんな訳で・・・試しに買ってみてください。

次のページ

戻る