剣岳へ登ってきました            2015年10月3日

お馴染みさんの要請もあって、9月の末に北アルプス ”剣岳” へ登ってきました。
大変素晴らしい山でした・・・山好きなら生涯に一度は行ってくるべき、日本を代表する美しい・厳しい山並みでした・・・と、山歴58年で改めて気付かされました。

 
きれいな 紅葉と峻険な剣岳(2999m)は、素敵な山でした。標高では南アルプスの北岳(3192m)に負けるものの美しさでは勝る感じです。
 
 いわゆる ”カニのたてばい” 部分です、鎖などしっかり整備されてますが、下りは気をつける必要があります。
これは登り専用ルートで、下りとかち合わないよう分けてあります。
 
 カニの横ばい部分、下り専用ルートです。
荷物をしょってなので、少し緊張しますが、ひどく岩慣れしてない人以外はロープ確保ほどの厳しさはないです。
若い頃(10代の高校生)教師に黙って、丹沢の沢登りを繰り返してきた、遙か60年近くも昔の体験からすればまるで楽々ルートでした。
 
 剣沢小屋です・・・冬のすごい積雪と強風と雪崩に耐えるためぶ厚い石垣を積み上げてあります。
多分冬季は5メートル以上の積雪でしょうね。
 
 最後の一時間半くらいは、要するに岩との戦い(じゃれあい・・?)という登山です、でもとても美しい山容です。
この時期本来は結構混み合う週末らしいのですが、金曜日の雨のおかげかまるでぱらぱらくらいしか人に出会わなかった。
でも会う人たちも殆ど全員ヘルメット装着で、物々しいスタイルでした。
やはり中年ご婦人パーティーも結構いましたが、若いお兄さんのガイド連れで、ロープにつながれた猿回し状態もかなりいて、
岩や高所で体がすくんじゃう人には有効ですね・・・
この山容なら、ガイドさんを頼む意味がありそうで、色々価値ある山岳といえそうです・・・雪の時期を想像するとかなり厳しいところで、
ちょっと別世界にすべき山だと感じました(冬は登山禁止だったかもしれません)。