実物は・・・違った!!・・・            2015 3月5日記

ファビオビオンディー &エウローパ・ガランテ に行ってきました.
曲目は超有名な ヴィヴァルディー ”四季” でした。
ふだん、家で聴いてたCDではとてもキリッとした音色だったので、本物の古楽器演奏はさぞかし・・・と思って出かけたのですが・・・
実物はとても繊細でやさしい響きでした。
松本ハーモニーホールの座った席も前から6列目の真ん中でしたので、直接音がしっかり聞こえる場所ながら、きつい感じの音ではありませんでした。
10人余の室内楽で、弦楽器ばかりの演奏でしたけど、意外に中低音が響き豊かで感心しました。
そもそもバロック・ヴァイオリンは鋭い音で突き刺さるようなものじゃないのだ・・・が良くわかりました。
自分の家のオーディオ装置の問題かもしれませんね??

前段にて、歌曲 ”スターバト・マーテル” が歌われました。
ヴィヴィカ・ジュノーというアメリカ人の 長身歌手でしたが、これがかなり良かったですね!!
ドレススタイルではなくスラックスの色っぽくない衣装ながら、そんなことと関係ない美声でした。
ヴァイオリンも歌唱もヴィブラートをかけずに、すっきりとした演奏なんですね・・・

休憩時間中にロビーで近所の カノン さんに出会いました、音楽会で知り合いに会うことが少なかったので、やはり来てたか・・・と、
何となくうれしくなってしまいました。

 
     

次のページ