イベント報告

湯ノ丸池ノ平湿原はとってもきれいなとこでした。
湿原は歩きやすいように、歩道が造ってあり、山歩きに自信のない人でも安心して散策できるようになってます。そのせいか中高年層が多かった。
草原には、アヤメ、手形千鳥、落葉松草など、派手ではありませんがまったく自然のたたずまいでたくさん咲いていました。
湿原のまわりの丘陵(一応尾根ということですね)には、ぐんないふうろ、そしてこまくさの群落がありました。
こまくさがあんなにまとまって咲いているのを見たのは初めてでした、ただ自然保護のために厳しく柵で囲ってあり、少し残念だけどその分しっかり守られていました。
7月中旬から夏のシーズンのあいだは、マイカー乗り入れ規制で、湯ノ丸峠、高峯からシャトルバス利用ということになってました。
でも、そのほうが騒音、排気ガスから解放されて、下見にいったとき(7月初旬)よりすっきりしていたような印象でした。

イベント報告をもっと早く上げなきゃいけなかったのですが、夏のシーズンになってしまい、遅くなってしまいました。

池ノ平湿原から篭の登山を望む
黄花のやまおだまき
こまくさはやはり高山植物の中では、お姫様の雰囲気です
シャクナゲが日陰に咲いているのも、とても美しいものですね。


戻る