ALTECがご機嫌に鳴ってます                       2014年6月20日、26日追記 

 


いやー!!驚きの結果でした・・・これだからオーディオ道楽は恐ろしいんですね!!!
現在のメインシステムにひどく不満が溜まったわけではないのですが、古いレコードなどもっと気楽に(たのしい感じで)鳴らしたい・・と、
ALTECの409(20センチ同軸)なるオールドスピーカーをオークション購入してしまいました。
多分30年も昔のモデルだろうと思うのですが、音が前に飛びだしてきてとても生々しく歌ってくれます。
昔からの友人やおなじみさんなどから、レコードをずいぶんいただいてきました。
大部分は都会のマンションにずっと仕舞ってあった(?)皆様こだわりのコレクションだったのでしょう、懐かしの音楽だけでも多分150枚以上はあるかな。
メインシステムで鳴らすと、レンジは広いのですが古いソースの欠点もしっかりさらけ出してくれるので、それが気になってしまうような(安心して聴いてられない)印象がありました。
もっとラフに楽しませてくれるSPを・・・と少しだけキョロキョロした結果、やはりオールドUSAブランドになっちゃいました。
東京のその手の機器専門オーディオ店にて、同機種を試聴したのですが、お値段も立派で少々引けてしまいました・・・けど現在ではお店で聴いたより豪快に鳴ってる感じです。
理由は明らかかもしれませんけど、丁度スペアー用に遊んでたオーディオリサーチの真空管モノラルアンプ(CLASSIC-120)でドライブしてます、これがけっこう重量級(片チャンで6550X8本)ですので、しっかりSPを制御できてるみたいな感じです。
やはりパワーアンプの貢献度は大変重要に思えます、近年あまり重視されないようですが、ファンが常時2台ずつ回ってるマンション向きではない電熱器みたいな代物ながら有効に生かせそうです。
余談ながら、アンプの消費電力を測ったら、スタンバイ状態で片チャン170ワットでしたので、ひどく気にしないでもいいか!!
先ほどから鳴らしてるのは、普及品レベル程度のCDプレーヤー(マランツCDR-630)で、これでこんなに鳴ってるんだからいまだLPはつないでないけど、どんな具合になるやら?
SPもまだ床にポンと置いただけなので、いまスタンドも作成中でもうちょっと足元も固めたらもっと魅力的な音になる??
オーディオ道楽が少し戻ってきそうな予感です。

・・・という印象だったので、急いで台を作ってしまいました・・・結構手慣れた代物なので楽に作れました。

  次のページ