またまた再認識させられました。        2011年10月30日〜記録開始

●  2016年 8月11日記

   メインアンプの カウンターポイントのアンプ(NPA) が壊れてしまい、6月の初旬に修理に出してありました。
   ようやく直って戻ってきました・・・やれやれでした。
   早速鳴らしたら、元のようにきれいに鳴り出し一安心!!!
   壊れたというより、どちらかというと 壊した と言うべきで、オルフのカルミナブラーナを普段は聞かないような大音量で鳴らしたら、
   モノラルアンプの左チャンネルが、スタンバイ状態になってしまい・・・それきり・・・
   一応全体をチェックしてくれたようですが、保護回路のヒューズ飛びということでした。
   ありがたいことに、商社 ノア 直接ではなかったけど、修理をしてくれるところが紹介されてあって・・・大変助かりました。
   このクラスのアンプだと、そう簡単に買い直しということも出来ないので、世の中面倒を見てくれる所も継続されてるんだと、感心しました。
   修理代は送料込みで2万円台でしたが、ほっと一安心でした。

●  2011年10月30日記

   この夏カウンターポイントのアンプ(NPA)が一台具合悪くなり、修理に出しました。買ってから10年以上経つし、
   もはや製造元のカウンターポイントは・・本国でも倒産しちゃっていた・・にもかかわらず、輸入代理店のノアではちゃんと修理してくれました。
   出力段のトランジスターをいくつか交換修理したようで、ちゃんと治って返ってきたことに感激!!
   この際そのアンプを中高域でもう一度鳴らしてみようか・・・とつなぎ直しました。
   すごい魅力のある音色で鳴ってくれ、これはびっくり・・・しばらくはそのまま上で使うことに、ウーファーはアキュフェーズA-100にて。
   以前同じパターンでやってみた頃より音が細身にならず生き生きとした音で、周辺の機器のグレードも上がったので・・・
   こんな魅力のある鳴り方とは、オーディオはまったくやってみないとわからない・・再々認識。
   NPAのアンプはおそらく日本中で数えるほど(10台位?)しか生きてないでしょうから、貴重品ですね。
   ついでに送ったもう一台の方も、チェックしてくれたみたいで・・・ほんとにノアさんは良い商社でした。
次のページ